1. HOME
  2. ブログ
  3. いつまでも子供の能力を持ち続けよう

いつまでも子供の能力を持ち続けよう

H3中二病でもいいじゃないか!a

私は娘に中二病だって言われてます。

中二病って最初、意味が分からなかったんですが、

いろいろ解釈があるみたいなんですが

ウェキペディアによると

DQN系
反社会的な行動や不良を演じ、格好いいと思い込んでいる。根は真面目であったり、臆病であったりするので本当の不良にはなりきれない。喧嘩や犯罪行為に対する虚言が多い。「DQN」とは「反社会的な人」や「迷惑な不良系」を表すネットスラング。
サブカル系
流行に流されずマイナー路線を好み他人とは違う特別な存在であろうとする。別にサブカルが好きなわけではなく他人と違う趣味の自分は格好いいと思い満足している。
邪気眼系
不思議・超自然的な力に憧れ、自分には物の怪に憑かれたことによる発現すると抑えられない隠された力があると思い込み、そのような「凄い力」がある自分を妄想し、悦に入る。また、そういった設定のキャラクター作りをしている。
「邪気眼」という名前はこのタイプの中二病の有名かつ代表的な体験談において、筆者が設定していた隠された力に由来している。

私の場合は3つ目の邪気眼系です(笑)

キャラ作りしてるわけではなくて、実際にお仕事ととしてやってるんですが、なかなか理解はしてもらえないようです。

しかし、この中二病、

中二病と言われるだけあって、中二のころに発症するんでしょう。

ということは、中二のころには、このような特別な能力は否定され、封印され、ヤバイやつ扱いされてしまうんですね。

中二病は病気じゃない。

そのままの能力を維持してほしい。

それこそ逆に大人のドグマにやられてしまってるやつのほうが病気だよ。

現実を動かす能力が失われていくのですよ。

見えない力を動かしていく術を

学ばなければ、現実を動かしていくことはできないのです。

運命論、予定論のような、

自分の人生、社会、に対して、

なにも変えることはできないし、

変えられるとも思ってない。

中二病のほうが、実は正常なんです。

中二病の方が現実を変える能力は優れているのです

大人になる手前に

その能力は手放さないで!

その能力を伸ばし、保持し続けるには

定期的にDNAアクティベーションを受けるべきです!

DNAアクティベーション

お申込みはこちら

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事