1. HOME
  2. ブログ
  3. めんどくさいの脱出方法

めんどくさいの脱出方法

今日は話しが長くなってしまったので、
大事なことは最後の方に書いてありますので、最後の方だけでも読んでみてください。
なにもかもが面倒くさくなってしまったとき、どうしていますか?
そんな時は、
根性論より、方法論、サイエンスを使った方がいいと思っています。
瞑想もとてもよいと思いますが、
目に見えない世界が腑に落ちてない人はなかなか思うような結果が得られないのではないかと思います。
瞑想などと合わせて行ってみるといいよということで、
さらに世によいと言われることの中で
形而上学的に理にかなっているなと思うまのをいくつかご紹介します。
①姿勢をよくする。
やる気がない時は自然と猫背になりがち、
姿勢の良い人は自信あるように見えますよね。
これを使って自分も自己暗示かけてしまうのです。
背骨をまっすぐにするとエネルギーの通りを良くなり、宇宙からのエネルギーも受け取りやすくなります。
運気もよくなります。
②ちょっと息の上がる運動、ダンスが特にいいですが、100メートルダッシュを1.2回やる
これも姿勢と同じで、あえて興奮状態を作り出す方法です。
やる気がある時は、一種の興奮状態です。
火のエネルギー。
体を燃焼させて、火のエネルギーを活性化し
利用するという方法です。
やる気を失うことは、
目標を見失う状態だと思うんですよね。
ルーティンワークに埋没すると、
なんのために働いているのかわからなくなって、
何もかも面倒くさくなってしまいがちです。
それを防ぐためにも、
そのルーティンワークが自分の目標や目的に何らか繋がっていることを意識することは、形而上学的にも良いことだと思います。
例えば、
将来は海外に出て、絵を描きたいという夢があったとしましょう。
会社の仕事は、自分の将来の目標とは直接繋がっていないとしましょう。
でも、会社で稼いだお金は、将来、海外に出るための英会話レッスンに使われているとしましょう。
それは、会社で働くことが、将来の夢に繋がっていることなのです。
それをあえて意識するのです。
そうすると、同じ仕事をしていても、
意義を、感じられるようになり
やる気を失いにくくなります。
そして、もう一つ
夢とは関係ない仕事をしている場合、
自分が大切な人大好きな人や大切な仲間、組織にどれだけ貢献できているか、
を考えるとやる気を失いにくくなると言われています。
会社の人間関係でなくても構いませんので、誰か大切な人、大好きな人のためになってるか、を先程同様こじつけでもいいので繋げていきます。
人は自分のためよりも、人のための方がやる気が出やすいんです。
スピリチュアルの人が陥りやすい、
自分を大切にする
という行為。
すごく大切なことなのですが、
度を越して、
自分本位になってしまうと、
やる気を失いやすくなります。
逆に人のためだけになると、自分の欲求がわからなくなるので、それも注意してくださいね。
これって形而上学的にに言えば、
内がそうなら外もそうなり、
外がそうなら、内もそうなり
なのです。
内側から動けないときは、外側から動かしていくのも一つの方法です。
そしてまた、カバラの教えでも
感情によって動けなくなっているなら、
知性、科学を使うのです。
感情が動かないから、感情を動かそうとして
音楽や映画を見たりするのもいいのですが、
感情だけうごしても、感情のループにはまりがちで、
気づきはあっても行動に結びつかないことが多い。
実際に、行動して現実を動かしていきたいなら、
知性、科学の部分も使っていかないといけないのです。
スピリチュアルの人たちが陥りやすい部分。
私もスピリチュアルに傾倒している人間として、形而上学、カバラの学び、スピリチュアルの中には、そういうことも含まれているということは、みなさんに伝えていきたいなと思っています。
多くの方がスピリチュアルに対しての誤解を抱いていると思います。
でも、この学びは誰にも必要な学びだと思うのです。
あなたも本当のスピリチュアルを学びませんか?
まずは、
DNAアクティベーション
アデプトプログラム
から密儀参入してください。
セッション申し込みはラインからでも

3月にサロンをオープンさせる予定です。

宇宙カフェBASEの活動、
サロンの活動も本格化させていきます。
今後とも、どうぞ宜しくお願いします❣️

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事